ねこたび札幌

札幌在住者による、札幌からの旅、札幌への旅移住のお役立ち情報をお送りします。頑張ってサイトを作っていますので、リンクしないナビゲーションメニューなど優しく見守ってください。

スマホ、カメラの充電にマレーシアのコンセント事情

f:id:tripneko:20170802000940j:plain

最近は海外旅行で一番約立つアイテムといえばスマホですね。

フリーSIMなどで繋いでおけばどこでも情報を確認できるし、GPSと地図アプリなどでどこにいるか確認しながら移動できます。

その国のタクシー配送サービスアプリ等を使うことによって、面倒な価格交渉やボッタクリ被害がなくなります。

もし何かあったとして後日サービス側に保証を求めることも出来るそうです。

スマホのカメラも高性能化している上、加工アプリも豊富でSNSなどにすぐに投稿できるので写真をスマホで済ませている人も多いですよね。

もちろんカメラで撮影派も健在。

私はコンデジですが風景、食べ物、動物、人など何でも記録を撮っておきたい派です。

 

たっぷりと使ったスマホ・カメラは寝る前にホテルでしっかりと充電して、翌日に備える必要があります。

マレーシアのコンセントってどういうタイプ?日本と同じ?

コンセントの形状、電圧ともに日本とは違います。

イギリスの植民地時代が長かったため、マレーシアのコンセントタイプはイギリス式です。

 

エレコム 海外用 電源変換プラグ BFタイプ 二重安全設計 T-HPABFWH

 

 

 

コンセントは3穴タイプ。

プラグは上記の写真のように、金属2本、プラスチック1本で計3本を差し込むようになっています。

BFタイプ(ブリティッシュ・フラット)のコンセントになります。

(日本のコンセントはAタイプ(アメリカン)です)

そして、マレーシアの電圧は220Vで、日本の電圧は100Vです。

マレーシアの周波数は50Hz。

日本は西日本と東日本で別れているそうで、50Hzと60Hz。

マレーシアで充電する前に確認するべきこと

スマホやデジカメの場合は充電用のアダプタが付属されているはずです。

アダプタをじっくり見ていただくと小さな文字で

INPUT:100-240V 50/60Hz

 と書かれている部分があるはずです。

この文字がある場合は、アダプタが電圧を調節する役目を果たしてくれるので、電圧違う問題はパス。

コンセントの形状違う問題が残るので、コンセントの形状変換プラグを購入しましょう。

アダプタに

INPUT:100V

とだけ記載されている場合と、

アダプタが無いヘアアイロンやドライヤーを持ち込んで使用したい場合は変圧器が必要となります。

結局マレーシアで電化製品を使用するのに必要なものは何?

絶対に必要なものとしてコンセントの形状を変換する変換プラグです。

「BF⇒A」に対応しているものです。

INPUT100-240Vと書かれていないアダプタの製品や、アダプタ自体が無い電化製品の使用には変圧器も必要です。

日本の100Vに合わせられるもので220V以上に対応している物を用意しましょう。

旅行に持っていくような電化製品であれば消費電力はさほど気にする必要がありません。

コンセント変換プラグ、変圧器のおすすめは?

お好みです。(身も蓋もない・・・)

コンセント変換プラグの種類について紹介すると

  • 単品タイプ 

マレーシアのコンセントに差し込み、日本のコンセントを差し込んで使うタイプ

  • マルチタイプ

BFだけではなく他の形のコンセントにも対応するタイプ

USBの差込口がついているものもあります。

差込用の棒が折りたたまれていて、指す時に必要な棒を立てるのがパズルっぽい。

 

の2タイプです。 

 

次に変圧器です。

日本の電化製品100Vに合わせられるものを購入する必要があります。

そしてマレーシアの220Vにも対応していなければいけないので220-240Vなどの記載があるものでなければいけません。

110-130Vと書いてあるものはアメリカ等の国用ですので間違わないで下さい。

といって、変圧器もマルチタイプがあるんです。

90Vから240Vまで対応しているものです。

さらに延長コード式になっているものや、コンセント穴を2口、3口等に増やしてくれるタイプもあります。

「いまならもう1個、さらに変換プラグもセットでおつけしちゃいます。」

何ていうものもあります。

 

どれを選べばいいのか分からないラビリンス。

変換プラグ・変圧器選びのポイント

◯持っていく電子機器は、スマホ、デジカメくらい

⇒コンセント変換プラグだけ購入

 

・今後も継続的に海外に行く予定

⇒マルチタイプまたはセットを購入

 

・しばらく海外の予定はない、分からない

BFタイプの変換プラグだけ購入

 

ヘアアイロンがなきゃ死ぬ(アダプタのない電子機器を使用する)

⇒変換プラグ+変圧器も購入

 

・今後も継続的に海外に行く予定

⇒マルチタイプを購入

 

・しばらく海外の予定はない、分からない

⇒220V対応の変圧器を購入

 

マレーシア以外の国に行く方でも、どのあたりに行きたいか希望がある方はその国のコンセントタイプや電圧を調べることで無駄な買い物がなくなるかもしれません。

ほんの少しですが、マルチタイプのほうがサイズが大きく重量が重いので、身軽に行きたい方はそちらも判断基準になるかと思います。

 

変圧器・変換プラグの購入場所や価格

電気店、ホームセンター、ネットショッピングで手に入れることができます。

変換プラグはダイソーで100円で買えるという情報がありましたが、大型店でも見つからず、空の棚も無かったことからBFタイプは取扱していない可能性が高いと思います。

またクアラルンプールであればスーパーなどで調達可能という情報もありましたが、お隣プトラジャヤのスーパーには見当たりませんでした。

せっかくの旅行で、コンセント探しに時間を取られるのも勿体無いので用意して持っていくのが良いでしょう。

 

両方を貸し出してくれるホテルもありますので事前に確認しておけば、余計な出費や荷物を削減できます。

借りる際にはデポジットが必要となることもありますので、お財布を忘れずに。